発がん抑制

桂うりの香気成分、佐波賀だいこん等の辛味成分の
発がん抑制作用

 

桂うりの香気成分(MTPE)
図
図

 京都府立大学等の研究により、特徴的な風味を有する京野菜が一般的な野菜に比べて生物的抗変異原性が高いことが明らかにされ、発がん抑制作用のある成分として、佐波賀だいこん等京都の伝統的な大根に多く含まれる辛味成分(MTBITC)や桂うりの香気成分(MTPE等)が同定されるとともに、その働きについて試験管レベルから動物、ヒト試験まで、多くの研究が行われています。