発がん抑制

詳細情報

Antimutagenic; differentiation-inducing; and antioxidative effects of fragrant ingredients in Katsura-uri (Japanese pickling melon; Cucumis melo var. conomon)

 桂うりに含まれる6種類の香気成分の同定と化学構造の決定を行い、そのうち、メチルチオ酢酸エチル(MTAE)および酢酸3-メチルチオプロピル(AMTP)は紫外線誘発突然変異の抑制作用を、メチルチオ酢酸エチル(MTAE)および3-メチルチオプロピオン酸エチル(MTPE)は、大腸がん細胞の分化誘導作用を示した。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20801232
Nakamura Y, Watanabe S, Kageyama M, Shirota K, Shirota K, Amano H, Kashimoto T, Matsuo T, Okamoto S, Park EY, Sato K., Mutat Res., 703, 163-168(2010)

3-Methylthiopropionic Acid Ethyl Ester, Isolated from Katsura-uri (Japanese pickling melon, Cucumis melo var. conomon), Enhanced Differentiation in Human Colon Cancer Cells

 桂うりのヘキサン抽出物画分をヒト大腸がん細胞の分化誘導を指標としたスクリーニング法で検定すると効果を示したことから、活性を指標として成分を精製し、メロン様の香気成分3-メチルチオプロピオン酸エチル(MTPE)を同定した。

http://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/jf072898i
Yasushi Nakamura, Yuko Nakayama, Hitomi Ando, Atsuo Tanaka, Tomoaki Matsuo, Shigehisa Okamoto , Brad L. Upham , Chia-Cheng Chang , James E. Trosko , Eun Young Park and Kenji Sato, J. Agric. Food Chem., 56 (9), pp 2977–2984(2008)

Antimutagenic and Anticarciogenic Properties of Kyo-tasai, Heirloom Vegetables in Kyoto

(総説)特色ある風味を有する京野菜は、生物的抗変異作用が強く、伝統的な大根に多く含まれる4-メチルチオ-3-ブテニルイソチオシアネート(MTBITC)と桂うりに多く含まれる3-メチルチオプロピオン酸エチル(MTPE)は、動物実験による発がん抑制作用と試験管レベルでヒト大腸がん細胞の分化誘導作用を示した。

http://ci.nii.ac.jp/els/110006781780.pdf?id=ART0008724483&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1397551577&cp=
Nakamura Y, Matsuo T, Okamoto S, Nishikawa A, Imai T, Park E Y, Sato K., Geines and Environment,Vol.30,No.2pp.41-47(2008)

Comparison of the glucosinolate-myrosinase systems among daikon (Raphanus sativus, Japanese white radish) varieties

 佐波賀だいこん等の京都の伝統的大根は、普及種の青首ダイコンと比べ発がん抑制作用のある辛味成分4-メチルチオ-3-ブテニルイソチオシアネート(MTBITC)を2.0~11.5倍多く生成する。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18345631
Nakamura Y, Nakamura K, Asai Y, Wada T, Tanaka K, Matsuo T, Okamoto S, Meijer J, Kitamura Y, Nishikawa A, Park EY, Sato K, Ohtsuki K., J Agric Food Chem.23;56(8):2702-2707(2008)

京都の伝統野菜の生物的抗変異原性

(シンポジウム要旨)京野菜の風味が濃厚であることに着目して抗変異作用を試験して得られた下記3点を紹介。

  1. 賀茂なす、鹿ケ谷かぼちゃ、桂うり、伏見とうがらしなどの京野菜抽出成分が、それぞれに対応する一般品種よりも生物的抗変異作用が強く含有量が多かった。
  2. 一般普及種の大根よりも京大根の生物的抗変異原性が強く、その活性主体は大根特有の辛味成分である4-メチルチオ-3-ブテニルイソチオシアネート(MTBITC)であった。
  3. 伏見とうがらしの水溶性画分は、ヒト細胞に対する紫外線誘発DNA損傷の修復を促進させる作用があった。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jems/26/3/26_3_259/_pdf
中村考志,松尾友明,岡本繁久,友兼泉,森俊雄,佐藤健司,大槻耕三,環境変異原研究, 26:259-264(〔日本環境変異原学会〕第15回公開シンポジウム 食べ物によるがん予防戦略を考える--生活環境中の植物成分の抗変異・抗発がん作用とそのメカニズム)(2004)